2002年、大阪池田市のレストランからのご注文で描いた絵。
「ガジュマルの木」を描いて欲しいと言う事でお店の雰囲気とメニュー、そして
何故ガジュマルなのかっというお話をお聞きしてお任せで描かせて頂きました。

窓がある部分への展示。光りを通しても
可笑しくないような、そしてそれをまた行かせるように
絵の具の塗りとデザインを工夫しました。
(左は光りを通した時のガジュマルです。)
・フラッシュで少し色が飛んでいるのと、生地に細かく
木漏れ日をイメージするように穴を開けているのですが
写真には美味く写りませんでした。
右は少し離れた所から撮った写真です。
大きさは1800×1800のロールスクリーンに描いています。
左は光りを通していない時のガジュマル。
フラッシュで少し色が飛んでいます。
(光りを通した時のガジュマルは淡く優しいイメージ。
夜の光りを通していないガジュマルは
自分の存在感を現すように浮き出て来ます。)

shop:池田市東山町606−1
居菜屋 -gazimaru-
0727-51-0556
0pen:pm.5:00〜pm.12:00